スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

圏央道 埼玉県区間 2012年8月 その2

本線とGランプを備前堀川の川岸から。
本線とGランプを備前堀川の川岸から。

東北道と圏央道の各本線の交差付近。左側が東北道上り線、画面奥が圏央道関越道方面。
東北道と圏央道の各本線の交差付近。左側が東北道上り線、画面奥が圏央道関越道方面。

備前堀川にかかる県道上尾久喜線の橋の脇から関越道方面。
備前堀川にかかる県道上尾久喜線の橋の脇から関越道方面。

AランプとFランプの交差部分。奥にはBランプ。
AランプとFランプの交差部分。奥にはBランプ。

東北道下り線側へ移動。箱桁が架設された、Fランプが右側に見えます。
東北道下り線側へ移動。箱桁が架設された、Fランプが右側に見えます。

Fランプの支保工。
Fランプの支保工。

支保工の下部。微妙な高さ調整がされているようです。
支保工の下部。微妙な高さ調整がされているようです。

桁を支える部分。上手く位置出しするもんです。
桁を支える部分。上手く位置出しするもんです。

地形の凸凹や対象物の形状など考慮。
地形の凸凹や対象物の形状など考慮。

必殺、猫の視線。
必殺、猫の視線。

Fランプの橋台。ここが一番カーブがきつそう。
Fランプの橋台。ここが一番カーブがきつそう。

場所を変えて、AランプとFランプの交差部。Aランプのみ鋼製桁ではありません。
場所を変えて、AランプとFランプの交差部。Aランプのみ鋼製桁ではありません。

高さ制限の関係かな?
高さ制限の関係かな?

Aランプ合流部先端付近。側道が供用されています。
Aランプ合流部先端付近。側道が供用されています。

上下線とも分合流部のため、幅が広くなっています。
上下線とも分合流部のため、幅が広くなっています。

反対側の側道。この先の市道には接続せず、右折して反対方向の側道に合流。抜け道には使えません。
反対側の側道。この先の市道には接続せず、右折して反対方向の側道に合流。抜け道には使えません。

途中から往復2車線で国道122号菖蒲バイパス手前の県道78号春日部菖蒲線迄続きます。
途中から往復2車線で国道122号菖蒲バイパス手前の県道78号春日部菖蒲線迄続きます。

県道78号線春日部菖蒲線との交差点。あれ?122号菖蒲バイパス迄いけたかな?
県道78号線春日部菖蒲線との交差点。あれ?122号菖蒲バイパス迄いけたかな?

国道122号菖蒲パイパスの上り線と接続。
国道122号菖蒲パイパスの上り線と接続。

国道122号線。樹木が気になります。側道が用地未買収で、通り抜けられないのか、あえて分断しているのか。
国道122号線。樹木が気になります。側道が用地未買収で、通り抜けられないのか、あえて分断しているのか。

菖蒲白岡インター脇。ランプに沿ってカーブになります。
菖蒲白岡インター脇。ランプに沿ってカーブになります。

側道から50メートルほど離れた従来から利用されていた橋。
側道から50メートルほど離れた従来から利用されていた橋。

てっきり側道開通後に廃止になるかと。
てっきり側道開通後に廃止になるかと。

菖蒲白岡インターの関越道側。
菖蒲白岡インターの関越道側。

側道はここで市道に突き当りおしまい。
側道はここで市道に突き当りおしまい。

菖蒲白岡インターの橋台。ここから桶川インターまで高架橋が続きます。
菖蒲白岡インターの橋台。ここから桶川インターまで高架橋が続きます。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【圏央道 埼玉県区間 】

本線とGランプを備前堀川の川岸から。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごんべー

Author:ごんべー
てんかん治療開始のため車の運転が出来ず困ってます。
2010年秋以前のレポートはこちら

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム
メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。