FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央環状品川線 2015年3月 その4

換気に必要なジェットファンです。新宿線では横流方式の換気でしたが、品川線では縦流方式になります。
換気に必要なジェットファンです。新宿線では横流方式の換気でしたが、品川線では縦流方式になります。
空気は車の進行方向と同じ流れになっています。

落下しないように複数の吊り具が使われています。
落下しないように複数の吊り具が使われています。

カメラ?なにかあったっけ?
カメラ?なにかあったっけ?

エコサインカーmini。バッテリータイプの標識車ですね。
エコサインカーmini。バッテリータイプの標識車ですね。

軽自動車なんで小さいです。
軽自動車なんで小さいです。

交通安全。
交通安全。

トンネル内が真っ白。
トンネル内が真っ白。

延焼防止用の散水装置です。50メートル間隔で制御し、時間あたり360ミリの降雨量に相当する水を吐き出します。
延焼防止用の散水装置です。50メートル間隔で制御し、時間あたり360ミリの降雨量に相当する水を吐き出します。

大橋方面。もっと向こうまで歩きたい。
大橋方面。もっと向こうまで歩きたい。

非常口から反対側へ。画面奥が大橋方面。
非常口から反対側へ。画面奥が大橋方面。

猫の視線で。
猫の視線で。

車両展示コーナー。標識車やパトカーなどが展示されています。
車両展示コーナー。標識車やパトカーなどが展示されています。

こちらもバッテリー併用タイプ。エンジンのアイドルアップや、発電機などで電力を賄っていましたが、これは余剰電力をバッテリーに蓄えて使用しているようです。
こちらもバッテリー併用タイプ。エンジンのアイドルアップや、発電機などで電力を賄っていましたが、これは余剰電力をバッテリーに蓄えて使用しているようです。

品川線開通により渋滞の変化を予想したイラスト。現在は板熊付近を先頭にした渋滞が予想を超えています。他はずいぶん緩和した感じですね。
品川線開通により渋滞の変化を予想したイラスト。現在は板熊付近を先頭にした渋滞が予想を超えています。他はずいぶん緩和した感じですね。

道路パトロールカー。首都高の巡回車は大きい上に、路肩が狭く走るのも苦労するのにと感心します。
道路パトロールカー。首都高の巡回車は大きい上に、路肩が狭く走るのも苦労するのにと感心します。

搭乗もできます。ルームミラーが助手席隊員用に二つありますね。
搭乗もできます。ルームミラーが助手席隊員用に二つありますね。

巡回車の中。いろんなものを積んでますね。
巡回車の中。いろんなものを積んでますね。

標識が大小二つあるのがわかります?
標識が大小二つあるのがわかります?

黄色いバイク。山手トンネル内専用に配置されているようです。
黄色いバイク。山手トンネル内専用に配置されているようです。

すごい人だかり。
すごい人だかり。

RX−8のパトカー。
RX−8のパトカー。

白バイも展示されてました。
白バイも展示されてました。

なぜか宅急便。
なぜか宅急便。

リムジンバス。民間事業者も展示しているようです。
リムジンバス。民間事業者も展示しているようです。

京急バス。木更津横浜線開業時に一番乗りしてますw
京急バス。木更津横浜線開業時に一番乗りしてますw

小田急や西武も展示。
小田急や西武も展示。

出口に向かって歩いていきます。もう何もないのかな?
出口に向かって歩いていきます。もう何もないのかな?

休憩所です。結構歩くので疲れました。
休憩所です。結構歩くので疲れました。

今度は神奈川。横浜環状北西線ですね。左側は国道246号。横浜青葉インターを経由して、港北JCTまで繋がります。
今度は神奈川。横浜環状北西線ですね。左側は国道246号。横浜青葉インターを経由して、港北JCTまで繋がります。

料金所ブースの作りが微妙。2種類の料金を支払う合併収受式になってしまいます。
料金所ブースの作りが微妙。2種類の料金を支払う合併収受式になってしまいます。

北西線と北線の概要説明。
北西線と北線の概要説明。

維持管理の作業説明。
維持管理の作業説明。

東京の夜景シーンを映し出していました。
東京の夜景シーンを映し出していました。

開通パレードで走行する車両群。なぜかレガシィが先頭に。当日は走行していなかったようです。
開通パレードで走行する車両群。なぜかレガシィが先頭に。当日は走行していなかったようです。

中央環状線の歴史を展示。
中央環状線の歴史を展示。

とりあえず会場はここで終わり。あとは出るだけですが、通常は出られない非常口のコースを選びました。しかしここでカメラの電池が切れ撮影終了。
とりあえず会場はここで終わり。あとは出るだけですが、通常は出られない非常口のコースを選びました。しかしここでカメラの電池が切れ撮影終了。2001年夏の王子線の撮影以来約14年間、中央環状線を撮影してきましたが、これをもって終了とさせていただきます。関係者の皆様ご苦労様でした、そして数々の見学会など開催していただきありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごんべー

Author:ごんべー
てんかん治療開始のため車の運転が出来ず困ってます。
2010年秋以前のレポートはこちら

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム
メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。