FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外環道 千葉県区間 2014年1月 その2

環境保護のため一般部と専用部の両方がトンネル構造となる小塚山トンネル。躯体を数ブロックに分けて作り、ジャッキで押し出して地中でつなげました。
環境保護のため一般部と専用部の両方がトンネル構造となる小塚山トンネル。躯体を数ブロックに分けて作り、ジャッキで押し出して地中でつなげました。

留置中の50トンクローラークレーン。
留置中の50トンクローラークレーン。

小塚山トンネル付近の合流部を外側から。合流部先端は斜めになりますが、外側は斜めに作らず、大きさで調整。
小塚山トンネル付近の合流部を外側から。合流部先端は斜めになりますが、外側は斜めに作らず、大きさで調整。

階段状になってます。
階段状になってます。

市川方面の一般部を使って現場を移動。
市川方面の一般部を使って現場を移動。

小塚山トンネルにないります。
小塚山トンネルにないります。

たいした長さではありません。
たいした長さではありません。

背中側。京葉道路の貝塚トンネルみたく渋滞の原因にならなければいいのですが。
背中側。京葉道路の貝塚トンネルみたく渋滞の原因にならなければいいのですが。

小塚山トンネルを抜けると。
小塚山トンネルを抜けると。

土留め用のH鋼を打ち込んでいるようです。クレーンの両サイドに見えるのが小塚山トンネルの一般部、専用部は地下になります。
土留め用のH鋼を打ち込んでいるようです。クレーンの両サイドに見えるのが小塚山トンネルの一般部、専用部は地下になります。

バックホウや。
バックホウや。

小さな重機が置いてあります。
小さな重機が置いてあります。

以前は遺跡発掘で案内された場所。
以前は遺跡発掘で案内された場所。

躯体中央部分が顔を出しています。
躯体中央部分が顔を出しています。

こちらは上部の鉄筋を組んでいるところ。
こちらは上部の鉄筋を組んでいるところ。

鉄筋も太いです。
鉄筋も太いです。

専用部の屋根になる部分を作っています。
専用部の屋根になる部分を作っています。

拡大。1日に何本くらいの鉄筋が組まれていくんでしょう?
拡大。1日に何本くらいの鉄筋が組まれていくんでしょう?

別の角度から。
別の角度から。

背中側の置いてある重機。半地下部分を掘削します。
背中側の置いてある重機。半地下部分を掘削します。

深いところを掘るため天地方向にストロークがあります。
深いところを掘るため天地方向にストロークがあります。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごんべー

Author:ごんべー
てんかん治療開始のため車の運転が出来ず困ってます。
2010年秋以前のレポートはこちら

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム
メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。