FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜環状北線 2013年12月 その4

港北JCT方面を。鶴見川沿いにカーブしています。
港北JCT方面を。鶴見川沿いにカーブしています。

ここにも桁が載っていない橋脚が。
ここにも桁が載っていない橋脚が。

背後に控える上下2段のトラス橋。橋長158メートル、単径間としては日本最長らしいです。
背後に控える上下2段のトラス橋。橋長158メートル、単径間としては日本最長らしいです。

鶴見川の支流、大熊川を渡ります。
鶴見川の支流、大熊川を渡ります。

新横浜側では地盤工事中。橋脚も出来ています。
新横浜側では地盤工事中。橋脚も出来ています。

上下二層から通常の往復4車線に変わります。
上下二層から通常の往復4車線に変わります。

トラス橋と高架橋のつなぎ目。
トラス橋と高架橋のつなぎ目。

大熊川の上流側から。
大熊川の上流側から。

桁の下から新横浜方面を。上下二層構造ですが、左右にずれています。
桁の下から新横浜方面を。上下二層構造ですが、左右に車道部分がずれています。

手前が新横浜側になります。幅が広くなっています。
手前が新横浜側になります。幅が広くなっています。

少し手前から。勾配はあるし、幅も変わる。よく造るもんです。
し手前から。勾配はあるし、幅も変わる。よく造るもんです。

少し左を向くと港北JCTのクレーンが見えます。
少し左を向くと港北JCTのクレーンが見えます。

生麦方面へはUターンして流出入するランプがトンネルで作られたりと、いろいろ複雑な工事のようです。
生麦方面へはUターンして流出入するランプがトンネルで作られたりと、いろいろ複雑な工事のようです。

この橋脚もどちらが本線でランプなんだか。
この橋脚もどちらが本線でランプなんだか。

地盤工事の重機もいろいろあります。
地盤工事の重機もいろいろあります。

シールドマシンが発進した立抗。子安台の換気所に無地到達したそうです。
シールドマシンが発進した立抗。子安台の換気所に無地到達したそうです。

セグメント等を搬入していた場所。
セグメント等を搬入していた場所。

新横浜換気所の予想図。
新横浜換気所の予想図。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごんべー

Author:ごんべー
てんかん治療開始のため車の運転が出来ず困ってます。
2010年秋以前のレポートはこちら

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム
メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。